罪悪感を手放すには、「お墓参り」をしてみる

 

  

 

最近、お墓参りに行きましたか。

 

どんな時に行きますか。

 

 

 

節目であったり、

 

入学や卒業という良いことの報告のときに

 

行くかと思います。

 

 

 

それだけでなく、

 

困った時、つらい時に

 

行ってもいいのではないでしょうか。

 

 

 

というのが、今回のテーマです。

 

 

 

 

 

① 故人と語ること

 

ご先祖様のお墓参りで、

 

自分に自信がない時期や、

 

自分を肯定できない状態だと、

 

「こんな自分を顔見せできない」

 

と思うかもしれません。

 

 

 

でも、そんなことはありません。

 

それは、

 

お墓は、故人と語る場所だからです。

 

 

 

 

「こんなつらいことがあったんだ」

 

「どうしたらいいだろう」

 

「助けてください」

 

「見守っていてください」

 

 

 

素直に打ち明けていいのです。

 

 

 

祈ったり、手を合わせたり、

 

故人と語ってみてください。

 

 

 

 

 

② いのちには終わりがあること

 

また、

 

死者を想うことは、

 

いのちには終わりがあること

 

限りがあることを

 

改めて認識させてくれます。

 

 

 

日々生きていると、

 

日常は当たり前のように感じますよね。

 

  • 朝起きること
  • 通勤すること
  • 働くこと
  • 帰る家があること
  • 誰かと話すこと
  • など。。。

 

 

お墓参りに行くと、

 

このような日常が

 

ずっと続くように思いますが、

 

決して永遠ではないことに

 

気づきます。

 

 

 

 

 

③ つながりを知ること

 

お墓の前では、

 

いい思い出を思い出してくださいね。

 

ここは、生きている人も亡くなっている人も

 

同じ場所にいると言えます。

 

 

 

心の中ではつながっています。

 

 

 

声に出してもいいし、

 

心の中で話してもいいので、

 

語って、つながってください。

 

 

 

周りを見回してみると、

 

自分の家族のお墓だけでなく、

 

他の家族のお墓もあることでしょう。

 

 

 

さらに、

戦争での空襲や

 

震災で亡くなった方々の

 

お墓もあるかもしれません。

 

 

 

故人たちが、

 

色々な思いを抱えていたことに

 

思いを馳せてみてください。

 

 

 

 

 

というわけで、今回は、

 

「罪悪感を手放すには、お墓詣りをしてみる」

 

でした。

 

 

 

なお、お墓参りをすると、

 

精神的につらくなってしまうときは、

 

無理しないでくださいね。お願いします。