· 

自分を許すためには、「内なる批判者」に気づくこと

 

 

 

 

失敗したり、間違えたりして

 

後悔して罪悪感を持ったとき、

 

自分で自分を許せない。

 

 

 

 

規範意識の強かったり、

 

倫理的な人だったら、

 

自分を許せず、

 

「なんでこんなことをしたのだろう」

 

「こうすればよかったのに」

 

というように、

 

自分を責めてしまうかもしれません。

 

 

 

死別や中絶などの体験から、

 

それが一時的なものではなく、

 

何年も続いていて、

 

自分がとても傷ついている時は

 

「内なる批判者」に気づいてほしいのです。

 

 

 

許していない自分は、「内なる批判者」で、

 

社会や親の規範や期待が、

 

自分に内面化したものです。

 

 

 

「いい子・いい人でいなければならない」

 

「期待どおりでいなければならない」

 

 

規範や期待は

 

教育のため、社会の秩序のためには

 

必要なことでした。

 

 

 

そんな誰かの思惑を感じ取り、

 

自分はその期待に必死に

 

答えようとしてきました。

 

 

 

でも、

 

もし、誰かの「こうあるべき」に縛られて

 

動けなくなった・うまく行かなくなったのなら、

 

手放すことが必要です。

 

 

 

なぜなら、

 

あなた自身が大切だからです。

 

 

 

 

科学が進歩して、

 

世の中がどんなに便利になっても、

 

人は誰でも間違い得る存在です。

 

 

 

完璧で完全には、なれません。

 

 

 

今ならわかるけれど、

 

その時はわからなかったのです。

 

 

 

それは自分が成長した証です。

 

 

 

以前の自分の限界を

 

思いやりを持って、

 

暖かく見守ってください。

 

 

 

自分に限界があることは、

 

自然なことです。

 

 

 

わからないこと、

 

できないことがあるのも

 

自然なことです。

 

 

 

自分ではどうしても許すことができなければ、

 

誰かに言ってもらうのも

 

いいでしょう。

 

 

 

色々な理由や状況があったのだから。

 

「もう前に進んでいいんだよ」と。